New Value by Renovation

New Value by Renovation

すでに言い尽くされた感もありますが、循環型社会を迎えて久しくあります。しかしながら、歴史を振り返りますと、我々日本人には江戸時代より外壁を左官で塗り替え、畳を表替えし、障子や襖を貼り替えるというライフスタイルがありました。そう考えますと、リフォームやリノベーションは今に始まったことではありません。昭和の時代が終わってすでに27年、もう一度基本に立ち返って、この再生の時代に合った価値のある建築を構築したいと思います。

1 to 1 Style

1 to 1 Style

私共は十分に時間をとり、まずはお客様のご希望や夢をお聞きします。その上で、施工条件・予算・構造の制約で出来ることと出来ないことをお伝えし、設計を行います。大切なことは、ご満足いただける住み心地・使いやすさ・気持ちよさを追求することです。常に膝と膝を突き合わせた打ち合わせを行います。

Design + Engineering

Design + Engineering

建築(architecture)は、美術(arch)と技術(technology)が語源です。耐震補強や省エネ改修等の技術に裏付けられたデザインは、安心・安全・安らぎのある建築となります。その上で使い勝手の良い長寿命の建築を創ることを目的としております。

Cost Performance

Cost Performance

私共の仕事はプランニングとコンストラクションです。工事においては品質管理・工程管理と共に予算管理が重要です。決められた予算の中で最高のパフォーマンスを提供するように努めております。

Sankyo History

Sankyo History

三京リノベーションは、三京建設 会長白井照男が1963年に創業した工務店がそのベースにあります。会社創設50年以上、500棟を超える設計施工により、不文律の蓄積された信用と技術や、築30年や40年後のメンテナンスの経験が数多くあります。安心してご依頼いただける実績がここにあります。