リフォームとリノベーションの違い


その昔、我が国では住まいの改修のことを、規模や内容によって「増改築」や「営繕」と呼んでいました。その後、これらを包括的に表す言葉として「リフォーム」が使われるようになりました。最近よく使われるようになった「リノベーション」という言葉。「リフォーム」と同じような意味合いですが、いったい何が違うのでしょうか。

実は、両者の厳密な定義や線引きはありません。
「リフォーム」は、古くなった設備や内装を新しくしたり、間取りを変えたりすることを指し、「住まいの改修」全般を表す言葉として最もよく使われています。ちょっとしたクロスの張り替えや、古くなった設備の取替えから大がかりな改修や増築まで何でも「リフォーム」と呼ばれていますが、どちらかというと、老朽化したものを新築の状態に戻すというニュアンスで使われることが多いようです。   それに対し「リノベーション」は、古い建物のよさを活かしながら、給排水・電気・ガスの配管なども全面的に刷新し、新築時以上に性能を向上させたり、住まい手の好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、中古住宅に「新たな付加価値」を生み出す手法としてよく使われます。

最近では、住宅購入の新しい手法として、中古マンションや一戸建てを購入し、大がかりな改修を行うことを総称して「リノベーション」と呼ぶことも多くなっています。

「リノベーション」は、積極的に古いものを再生させようという意味合いを持つ言葉です。特に「住む人のライフスタイルに合わせて中古物件を再生する」という住まいづくりの「スタイル」こそが「リノベーション」なのです。